ウチのワンちゃんには、服を着せた方がいいの?この犬種には着せるべき!

by admin on

チワワなど、体温調節が苦手な犬には服を

犬の服をオシャレだと思っている人は多いのですが、実は、服が必要な犬種もあるのです。代表的な犬が、チワワ・ポメラニアン・トイプードルなどの小型犬です。寒さに耐えるだけの被毛と脂肪が不足しています。特にチワワなど暑い地方が原産の犬は体温調節が苦手ですので、冬は防寒のために温かい服を、夏は直射日光を防ぐために涼しい服を着せてあげましょう。

毛の短いフレンチブルドッグなども、冬は着せてあげる方がいいでしょう。

足が短い犬種には、雨よけの服を

ダックスフンド・コーギーなどの足の短い犬種は、雨の日に散歩に出たときにお腹が汚れてしまいがちです。泥はねを防ぐためのレインコートを着せましょう。マントタイプが脱ぎ着しやすいようです。

野外で活動する犬にも

野外で活動するのが大好きな犬は、犬種に関わらす、服を着せてやると、毛の汚れや害虫を防ぐことができます。また、抜け毛が多い犬は、服を着せることで抜け毛が周囲に飛び散るのを防ぐことができます。

特に活動的な犬の服のデザインは、誤飲を防ぐために、ボタンやリボンなどがついていないシンプルなものがお勧めです。

犬の服のサイズは、どう測るの?

サイズは次の3箇所で計測します。

首回り…首の付け根。首輪をかけるところの少し下の部分。

胴回り…胴の一番膨らんでいるところ。

着丈…首の付け根から尻尾の付け根まで。または骨盤付近まで。

犬の毛の上から測りますが、ふんわりとメジャーをかけてください。毛のことを考えずに、体のサイズそのものを測ると、服を着せたときに毛がぺたんと寝てしまい窮屈に見えてしまいます。服は小さすぎず、大きすぎず、ちょうど良いサイズを購入してください。

飼い犬に合った服を着せて、元気にお散歩しましょう。

犬の服を選ぶ際には、犬種を考慮しましょう。犬種によって大きく形が変わるらかです。サイズの確認も必須です。