機械式時計の初心者が知りたい!オーバーホールってするべきなの?

by admin on

メンテナンスが必要な理由

機械式時計は長期間使用するとケース内部にある機械体部品が劣化します。だからと言って故障するのではなく、メンテナンスによってコンディションを回復させられるアイテムです。機械式時計によっては何世代も受け継がれて使用されているものもあり、適切なメンテナンスが寿命に大きく影響すると言えます。機械式時計には1年間に数億回動き続ける部品があり、使用している内に部品同士が摩擦を起こしたり、金属粉が発生したりするのは当然でしょう。機械式時計を長期に渡り愛用したいなら、メンテナンスは数年ごとに行って、アイテムのベストコンディションを維持するのが大切になります。

オーバーホールの内容

機械式時計をメンテナンスするなら、購入した機械式時計のメーカーか、ベテランの時計職人へ依頼すると良いでしょう。機械式時計は動き始めてから3年間ほどは部品の摩擦によって金属粉が発生しやすく、潤滑油が汚れます。このため、最初のメンテナンスは3年目に、次回からは3年から5年程度の間隔で定期的に行うのが理想です。メンテナンスは一般的にオーバーホールや分解掃除と呼ばれ、全ての部品が分解され、ケースやブレスのほか機械体部品のひとつひとつが洗浄されます。注油や部品交換、螺子のゆるみを修正するなどが行われた上で、精度や外観のチェックも併せて行われる内容です。複雑機構を持つアイテム程オーバーホールに要する時間は長くなりますが、通常1か月かそれ以上をかけて行われます。

ダミアーニはイタリアで創業されたジュエリーブランドでクラシカルなデザインからモダンなジュエリーまでバランスの取れたデザインが人気となっています。