緑だけじゃ物足りない!壁面緑化を彩る花の咲く植物5選

by admin on

清楚な白い花をつけるクレマチス・アーマンディ

春に甘い香りのする、白または薄くピンクがかった花を咲かせます。クレマチスの中でも、このクレマチス・アーマンディは品種改良を行なっていない原種グループに属します。育てやすく、常緑であることから一年中緑を楽しめます。

強い香りを放つハゴロモジャスミン

初夏に強い香りを放つ、周りをピンクで縁取られた白い花が咲きます。このハゴロモジャスミンは、モクセイ科ソケイ属の植物で、同じソケイ属にはジャスミンティーの原料となるマツリカもあります。常緑で生長速度も早く、ジャスミンの中でも寒さに強い品種です。

黄色の花が特徴のカロライナジャスミン

春にラッパ状の黄色い花が咲きます。ジャスミンに似た香りもするのですが、実はジャスミンの仲間ではありません。こちらはゲルセミウム科に属する植物です。生長も早く常緑ですが、葉が紅葉するので一年を通して変化を楽しめるのも魅力です。

真夏に映えるノウゼンカズラのオレンジ

真夏にオレンジの花を咲かせ、しかも開花期が長いため、ひと夏中花を楽しむことができます。香りはないので、あくまで観賞用になるのが残念なところです。緑量もあり生長も早いので、早期緑化にも役立ちます。ただし落葉するので、一年を通して壁面緑化をする場合は、別の品種と合わせて育てる必要があります。

初夏から秋まで楽しめるツキヌキニンドウ

初夏から秋にかけて、甘い香りのする、細長い紅色の花を咲かせます。また花の内側部分が、開花時点での白から、徐々に黄色へと変化することで、外側の紅色とのコントラストが引き立っていくのも魅力の1つです。秋まで咲く品種が少ないため、春に開花する品種と一緒に育てれば、一年の多くを花のある壁面にできます。生長も早く常緑です。

壁面緑化とは、ビルや建物の側面を植物で覆うことにより、暑さ寒さの対策をする方法です。割と古くから行われており、地球環境にも優しいといえます。